野村萬斎




野村萬斎が『のぼうの城』で7年ぶりに映画主演

狂言師の野村萬斎が、2011年公開の映画『のぼうの城』に主演することが22日、分かった。

『のぼうの城』は、直木賞にもノミネートされた和田竜の同名小説が原作で、戦国時代末期、
天下統一を目前にした豊臣秀吉が北条氏を攻めた際、石田三成率いる2万の大軍にたった500騎
で徹底抗戦した武蔵国・忍城(現在の埼玉県行田市)の篭城戦を描く歴史エンタテインメント。
『陰陽師2』(2003年)以来、7年ぶりの映画主演となる野村は、「のぼう(でくのぼうの意)様」
と呼ばれ、領民から慕われた忍城の城代・成田長親(なりた ながちか)を演じる。また、監督は
『眉山』(2007年)、『ゼロの焦点』(2009年)の犬童一心と『ローレライ』(2005年)、『日
本沈没』(2006年)の樋口真嗣が共同してメガホンを取る。


野村は「このような映像作品に出演できることを素直にうれしく思います」と出演を喜び、「自分
は長親のようにぼーっとしているのかなと思ったのですが、そういう自覚が無いところや、時々突
然ビックリするようなことを発言するらしいところなどが、既に役に近いのかもしれません(笑)」と
自己分析。犬童監督も「初期の段階で『のぼう様』は萬斎さんしかいないという話になっていま
した」と期待を寄せている。


共演は、長親の幼馴染みで成田家の家老、正木丹波守利英(まさき たんばのかみ としひで)役
を佐藤浩市、丹波をライバル視する豪傑、柴崎和泉守(しばさき いずみのかみ)を山口智充、実
戦経験はないが、あらゆる兵書を読破した自称・軍略の天才、酒巻靭負(さかまき ゆきえ)を成宮
寛貴がそれぞれ演じる。

http://journal.mycom.co.jp/news/2010/06/23/015/index.html


-

野村萬斎主演「のぼうの城」異例2人監督(2)

野村萬斎主演「のぼうの城」異例2人監督


   狂言師、野村萬斎(44)が来年公開の映画「のぼうの城」に主演することが22日、分か
った。映画主演は03年「陰陽師II」以来8年ぶり。また日本映画界では極めて異例とな
る、犬童一心氏(49)と樋口真嗣氏(44)のW監督態勢で製作する。

 40万部以上を売り上げ直木賞候補作となった和田竜氏(40)の同名歴史小説が原作。
総製作費15億円のエンターテインメント大作だ。

 主人公は、豊臣秀吉方の2万人の大軍に500人の兵で抵抗した実在の戦国武将、成田長親
(ながちか)。家臣らから“でくのぼう”をもじって「のぼう様」と呼ばれたが、その愛すべき人柄で
人心を掌握した。

 萬斎は「周囲とは違う空気感を持ち、高みにいる仙人的イメージ。伝統を受け継ぐ自分にも共感
できる役柄」と語る。

 共同監督態勢は近年では小規模作品を除けば例がなく、大作では1976年に豊田四郎氏と市
川崑氏の大物同士で監督した「妻と女の間」(三田佳子主演)以来だ。

 「ジョゼと虎と魚たち」など細やかな人間ドラマに定評がある犬童氏と、「ローレライ」など特撮
やアクションが得意な樋口氏の合体。萬斎も「相乗効果があると思う」と期待をかける。成田家家
臣役で佐藤浩市(49)、山口智充(41)、成宮寛貴(27)が共演する。

http://www.sanspo.com/geino/news/100623/gnj1006230506011-n1.htm

野村萬斎主演「のぼうの城」異例2人監督(1)

-

拖到現在才po…
先前在噗上看到消息就快哭了!!!!!!!!!
久違的主演、久違的萬斎さん啊~(香蕉人跳舞)
還有妖男一起共演w
除了期待還能說什麼,雙倍妖嬌? XDDD
萬斎萬斎萬斎萬斎萬斎


 

創作者介紹

チャック 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()